看護師16人が同時期に妊娠! 同じ病院に勤務、米西部アリゾナ州

2018/08/20 10:10

 米西部アリゾナ州の同じ病院に勤務する看護師16人が、同時期に妊娠していたことが、19日までに分かった。10月から来年1月にかけて出産予定日が集中しており、今後相次いで約3カ月間の産休に入るという。

 16人は集中治療室(ICU)の担当。日本と同様、米国でも看護師不足が深刻化しているが、病院側は系列の病院から看護師を派遣するほか、胎児への影響を考慮して放射線治療に従事させないなど、出産に向けて全面的な支援態勢を取ることを強調している。米メディアは16人の妊娠を明るい話題として伝えている。

 妊娠した看護師の1人が情報交換などのため、フェイスブック上でグループのサイトを立ち上げたところ、同僚も妊婦であることが次から次へと発覚したという。

 病院は州都フェニックス近郊にあり、看護師らは17日に記者会見。重なった16人の妊娠について、看護師の1人は「(病院の)水と何か関係があるのかしら」と、冗談を交えながらうれしそうに話した。(共同)