北朝鮮が卓球の韓国オープンに選手ら25人派遣 北選手の韓国オープン参加は初

2018/07/06 23:17

 北朝鮮・平壌(ピョンヤン)を訪れた韓国取材団によると、韓国と北朝鮮は5~6日、平壌で体育当局者協議を行い、韓国・大田(テジョン)で19日に始まる卓球のワールドツアーの韓国オープンに、北朝鮮が選手16人を含む25人を派遣することを決めた。選手らは15日に空路で仁川(インチョン)国際空港から韓国入りし、23日まで滞在する。北朝鮮選手の韓国オープン参加は初めて。

 9月に韓国南部・昌原(チャンウォン)で開催される射撃の世界選手権にも、北朝鮮選手ら21人が派遣されることが決定した。訪韓期間は8月31日~9月15日。

 平壌で4~5日に行われたバスケットボール交流に参加した韓国の男女選手団や政府代表団は6日、韓国に戻った。同行した趙明均(チョ・ミョンギュン)統一相は記者団に「南北スポーツ交流が板門店宣言の履行はもちろん、ほかの分野の交流活性化にも寄与することを期待している」と語った。(共同)