気温が氷点下 快進撃続ける大谷も天候には勝てず

2018/04/16 10:16

 開幕から投打の「二刀流」で快進撃を続けるエンゼルスの大谷でも、さすがに天候はどうにもできなかった。今季3勝目を目指したロイヤルズ戦が開始直前に中止になり「しっかりと次の試合に向けて頑張りたい」と、2日後のレッドソックス戦に向けて気持ちを切り替えていた。

 肌を突き刺すような寒さに加え、雪もちらついた。気温は氷点下で、試合開始の約30分前に悪天候のため中止が発表された。

 ソーシア監督から聞いたという大谷は「ちょうどグラウンドに出ようかなと思った時だったので、いいタイミングだった」と淡々と振り返る。

 悪条件での登板を回避したことについて「特に良かった、悪かったというのはない」と心境を話した上で「きょう投げたとしても、必ずいい経験として自分のものになる」とルーキーらしく感じていた。

 

 登板日がずれるのはメジャーで初めてだが「常にプラスに捉えようと思っている。

 休日が増えるということはフレッシュな状態で次に臨める」と、どこまでも前向きだ。(共同)