シリア、サリン使用か 米政府、支援するロシア制裁発表へ

2018/04/16 10:58

 【ワシントン=加納宏幸】シリアのアサド政権による化学兵器使用疑惑で、米政府は16日、同政権を支援するロシアに対する米独自の追加制裁を発表することにしている。米国のヘイリー国連大使が15日、米FOXテレビのインタビューで明らかにした。アサド政権に関係する装備品や、化学兵器関連の取引をした企業を対象にするという。

 米政府はシリアの首都ダマスカス近郊・東グータ地区で7日、アサド政権が塩素剤が使ったと断定し、猛毒の神経剤サリンも使われたとみている。ヘイリー氏は追加制裁について、アサド政権による化学兵器使用や、英南部で起きた元露情報機関員の神経剤襲撃事件が理由だとし、ロシアに「良くない行動であることを分からせる」と述べた。

 シリア情勢をめぐっては、トランプ大統領が3月29日の演説で、シリアに駐留する米軍について、「私たちはすぐにシリアから出ることになる」と早期の撤退を目指す考えを示し、軍にも撤退準備を指示したと報じられた。

 

 これについて、ヘイリー氏は米国が(1)化学兵器の不使用(2)イスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」(IS)の完全な打倒(3)アサド政権を支援するイランの影響力阻止-の3点を達成するまでは、米軍を「シリアから撤退させるつもりはない」と述べた。

 ヘイリー氏は国連主導のシリア和平協議を進めることが「米国の目標」であると強調し、「私たちが必要とするのは(アサド政権の)体制転換ではなく、政治プロセスを進めることだ」と語り、ロシアに同政権の後ろ盾として役割を果たすよう求めた。