「私が早々と立ち去るかもしれないし…」トランプ大統領、成功の確信なし

2018/03/12 07:51

 トランプ米大統領は10日、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長と開く方針の首脳会談について「私が早々と立ち去るかもしれないし、私たちが着席して世界にとって最高の合意をするかもしれない」と述べた。北朝鮮の非核化合意に強い期待を示しながら、成功を確信できていないことを示唆した。

 東部ペンシルベニア州ピッツバーグ近郊で開いた支持者集会で語った。米議会などでは北朝鮮の核放棄の意思に懐疑的な見方が根強く、首脳会談はリスクが高いとの指摘が相次いでいる。

 演説でトランプ氏は、北朝鮮が核・ミサイル実験の中止や非核化の意思を示したことは過去の米政権下ではなかったとして、トランプ政権の成果だとアピールした。

 北朝鮮は平和を望んでいると指摘し、緊張緩和の実現に向け「今がその時だ」と強調。ただ「これから何が起きるか誰に分かるだろうか。何か起きるかもしれないし、起きないかもしれない」と語った。(共同)