ウィキリークス代表アサンジ氏にエクアドル旅券発給も、籠城は継続か

2018/01/12 00:14

 ロンドンのエクアドル大使館で5年余り籠城中の内部告発サイト「ウィキリークス」代表ジュリアン・アサンジ氏(46)にエクアドルの旅券が発給されたと英紙タイムズが11日、エクアドル紙ウニベルソを基に伝えた。

 英当局はアサンジ氏が大使館を出たら逮捕する方針を崩しておらず、米国への移送を恐れる同氏が大使館からの移動を試みるかは不明。

 タイムズ紙によると、旅券は昨年末にアサンジ氏に届けられた。ロイター通信はエクアドルの市民一覧に同氏の名前が記載されたと伝え、市民権を取得した可能性を指摘した。

 アサンジ氏はスウェーデンでの性犯罪の容疑が持たれ、2010年に英国で逮捕されたが、保釈中の12年に大使館に駆け込んだ。(共同)