国連事務次長、北朝鮮外相と会談 米との対話要請か

2017/12/07 12:45

 北朝鮮を訪問中の国連のフェルトマン事務次長(政治局長)は7日、平壌で李容浩外相と会談した。北朝鮮の核実験や弾道ミサイル発射を禁じた国連安全保障理事会決議の順守を求め、衝突の懸念も出ている米国との対話を働き掛けた可能性がある。

 北朝鮮の核・ミサイル開発により朝鮮半島の緊張が高まる中、国連の仲介に国際社会の注目が集まっている。

 会談には国連開発計画(UNDP)の北朝鮮常駐代表らが同席した。(共同)