米韓合同訓練、16~20日に朝鮮半島周辺で

2017/10/13 17:27

 【ソウル=水野祥】韓国海軍は13日、朝鮮半島周辺の日本海と黄海で米韓合同訓練を16日から20日まで実施すると発表した。

 米原子力空母「ロナルド・レーガン」も日本海での訓練に参加予定で、北朝鮮への圧力を強める狙いがある。同空母を含む米韓の艦艇約40隻が展開するほか、米韓軍のF15やFA18などの戦闘機も参加。空母の護衛や海上封鎖の訓練を実施する。

 北朝鮮の朝鮮労働党機関紙「労働新聞」(電子版)は13日、今回の米韓合同訓練について論評で触れ「我が国に対する無謀な軍事的賭博が米国の完全破壊につながりかねない」とけん制した。