よみがえる「WTC」…犠牲者悼む2筋の青い光

2017/09/13 06:36

 【ニューヨーク=吉池亮】2001年9月にニューヨークの世界貿易センター(WTC)やワシントン近郊の国防総省などにハイジャック機が突入し、約3000人が死亡した「米同時テロ」の発生から11日で16年を迎えた。

 ニューヨーク・マンハッタンでは同日夜、テロで崩壊し約2800人が犠牲になったWTCをイメージした2筋の青い光が摩天楼の夜空を照らした。

 崩壊現場近くの公園に設置された強力なライトの明かりは、上空約6000メートルにまで到達。普段は足早に帰宅するマンハッタンの通勤客たちも立ち止まり、夜空に浮かび上がった鎮魂の光を見上げていた。