サッカーのチームバス狙い爆発、容疑で男を逮捕

2017/04/21 14:15

 【ベルリン=井口馨】サッカー独1部リーグ・ドルトムントのチームバスを狙ったとみられるドイツでの爆発事件で、捜査当局は28歳の男を実行犯として逮捕した。

 独メディアが21日、報じた。バスの走行ルートに爆発物を仕掛け、選手を負傷させた疑い。過激派組織との関連も疑われていたが、男とのつながりはないという。

 事件は11日、ドイツ西部ドルトムントで発生。スペイン出身の選手1人が巻き込まれ、腕を骨折した。チームバスには、ドルトムント所属の香川真司選手も乗っていたが、けがはなかった。