さいたま市教委が慰安婦映画後援 指摘受け取り下げ

2017/02/21 10:40

 市民団体が企画した日本軍が強制的に女性を慰安婦にしたとする内容のドキュメンタリー映画の上映会に対し、さいたま市教育委員会が後援していたことが20日、分かった。市民らから「政治的中立性に問題がある」と市教委に指摘があり、現在後援は取り下げられている。

 市教委生涯学習振興課によると、昨年11月に団体が同課に後援を申請。映画のチラシなどが提出されたが、同課は「政治的、宗教的中立性を損なう場合は後援しない」とする規定に違反しないと判断し、後援を承認した。

 その後、チラシや団体の公式ウェブサイトに市教委の後援が記載され、今月17日以降、問い合わせや指摘が約50件相次いだという。同課が団体にその旨を伝えたところ、団体側が後援取り下げを申し出たという。

 同課は「指摘を受け、中立性が保たれない恐れがあると判断した。今後はより慎重に内容を精査する」としている。