北朝鮮のミサイル発射を懸念 韓国「通知ない可能性」

2016/01/28 13:22

 韓国国防省報道官は28日の定例会見で、日本政府が北朝鮮による長距離弾道ミサイル発射準備の兆候を把握していることについて「北朝鮮は(6日の)核実験を事前通知なしに行っており、今後も重大な挑発行為を奇襲的に行う可能性がある」と述べ、発射への懸念を示した。

 報道官は北朝鮮が過去、核実験の前に実施してきたミサイル発射を今回はまだ行っていないとして「(今後)発射の可能性があると憂慮している」と述べた。

 韓国政府が発射の兆候を把握しているかどうかは明言しなかった。北朝鮮による「衛星打ち上げ」に関する国際機関への事前通告や、海上の航行禁止区域の設定は「まだ行われていないと把握している」とした。(共同)