米国務長官「中国は北に対する特別な役割持つ」

2016/01/28 08:07

 【北京=蒔田一彦、ワシントン=大木聖馬】中国訪問中のケリー米国務長官と中国の王毅(ワンイー)外相は27日、北京で会談し、4回目の核実験を実施した北朝鮮への対応などについて協議した。

 北朝鮮に対する強力な制裁と中国の一層の影響力行使を求める米国と、北朝鮮の暴発を懸念して過度な制裁に慎重な中国との溝は埋まっておらず、国連安全保障理事会での新たな制裁決議の行方にも影響しそうだ。

 会談後の共同記者会見で、ケリー氏は「世界の指導的役割を担う国々は団結して北朝鮮の脅威に対応する責任がある」と強調し、安保理で採択を目指す「強力な制裁決議」への支持を求めた。更に、北朝鮮を事実上支えている中国による原油提供など経済支援を念頭に「中国は北朝鮮に対する特別な能力と役割を持っている」と暗に見直しを求めた。